SEO対策:リフォーム SEO対策:DIY
はてなに追加 MyYahoo!に追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
リフォーム本舗
楽天でもリフォームをやっている業者さんがありましたw


いやいや、私も結構家の小さいことは
やってしまうほうだし
主人も結構マメなほうなのですが
これは、ちょっとどうしても手に負えないことでした^^;

ことのいきさつは・・

夕べトイレのウォシュレットが調子悪くて
メンテしたら
(ウォシュレットの水圧がいじった拍子に低くなったので、調整をした)

トイレの給水管が破裂・・・

まあ、当然家も古く、トイレも古いため
(大体20年くらい前のもの)

その、水圧調整をしたときに
水道管(給水管)そのものも
まだ鉄管であり、サビも出ていたため
その拍子にクラック(割れ)が出てしまったものだと思います


今回の難点というと
「給水管の下部」に亀裂が入ってしまったことです

給水管の、上部、つまりはトイレの部屋の中に出ている給水管なら
給水管のサイズさえわかれば、対して高いものでもありませんから
自分でも交換が出来るのですが


床に面した、下部でのクラックということになると
どうしても床下から給水管を交換しないといけない、ってことなんです




今回の対策は以下のようになりました

いわゆる水道トラブル専門業者に電話をして
緊急対策



結局どうしたのかというと
破裂した給水管の周りを
コーキング剤を目いっぱいぶち込んでもらい
念のためにと、給水管そのものも交換してもらい
ギリギリ1年くらいはなんとかもつとおもう

というレベルの
緊急の対策をとってもらいました


結果的に、
コーキング剤(シールともいうんですが)
工賃
材料費などをで4万円ほど。



コーキング剤は、専門業者の業務用のため
速乾性と防水性に優れたものだそうです
ホームセンターなどで売っている市販のものよりも
そういった意味ではかなり優れていると思います

また、あまり意味がなかったのですが
部屋のほうにある給水管も交換することになってしまって
ちょっと無駄にお金を使ったかなあと思います


私なりに思ったこと。

今回来た業者さんは電話対応、また施工対応も決して悪くはなかったです

ですが、やっぱり古いタイプということで
基本的にリフォームという形がよいだろう
ということを進めてきたのですが
まあ、予算的なものや、現金での支払いという
ネックがあったこともあり

防水シール(コーキング剤)での仮処理という形で済ませたのですが

トイレなどの補修、ということになると
トイレから(つまりはトイレのところから)
給水管などを交換修理などをするため

必ずといっていいほど

「床をはがす」ということを言うみたいです


単純に時間的にゆとりがあったりする場合は

床下から工事をしてくれる業者さんなども


あるかないか、ということを検討することで
無駄なリフォーム代はもう少し節約できるかもしれません。


まあ、リフォームということになれば
床ははがさざるを得ないでしょうけど

(施工内容により)

水漏れでいきなり床をはがす、という言い回しを聞くかどうか

少しでも無駄にお金を使わないためには
床下から修理、ということも出来る業者さんを
出来るなら聞いてみたいところです



ですので、リフォーム業者さんを探すときには

やっぱりクチコミも必要だし
自分で情報を仕入れるようにしたほうがいいかとおもいます^^


狭いトイレブースのリフォーム和式(平床)→TOTOコンパクトリモデル便器アサヒ温水洗浄便座基本...


スポンサーサイト
ブックマークに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。