SEO対策:リフォーム SEO対策:DIY
はてなに追加 MyYahoo!に追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

特選!グリーンの地に色鮮やかな花柄が映える六通柄袋帯
「大」であれ「小」であれ、流すときはいつも「大」…という人多いのでは? なにって、トイレの話です。大レバーなら一気に流れるので、「流してやったり!」という爽快感が味わえますよね。でも小レバーは“いつまでレバーを押さえていればいいのか分からない”“ちゃんと流れたか心配になる”という不安感があったりします。女子は、小の時も紙を使うので、小レバーはいらないって人もいるみたいだし、結局のところいらないんじゃないの? どうなの?

「それは言い過ぎです。大レバーと小レバーでは流れる水の量がおよそ2リットルも違うんですよ」(TOTO広報・久野さん)

2リットル。大きいペットボトルほども違うのか。「小」のときも大レバーを使っていた僕は、1日何リットル無駄遣いしていたのか、怖くて計算できません。

でもやっぱり、小レバーはいつまで押さえていればいいのかわからなくて不安。なにか目安みたいなのはあるんですか?...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース
淡い茜色、きのこ模様の八寸名古屋帯
スポンサーサイト
ブックマークに追加する
Secret

TrackBackURL
→http://petitreform.blog120.fc2.com/tb.php/240-be12acc6