SEO対策:リフォーム SEO対策:DIY
はてなに追加 MyYahoo!に追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

1,050円! 砥の粉色地にチェック模様 ウールの着物
 東京都渋谷区の会社員、三橋(みはし)祐輔さん(当時30歳)を殺害し、切断した遺体を捨てたとして殺人罪などに問われた妻歌織被告(33)は12日、東京地裁(河本雅也裁判長)の公判で「遺体がある家には怖くて帰れないので、どこかに運び出すしかないと思った」と、遺体を切断し遺棄した理由を述べた。 2回目の被告人質問で弁護、検察側の双方が質問した。歌織被告は「購入した台車で遺体を運び出そうとしたが、重くてうまくいかず、切断するしかないと考えた」と説明。床などをリフォームした理由は「遺体がなくなっても血のにおいや殺害時の光景が強く残っていた」と述べた。 遺族に対する気持ちを「心から申し訳ない」と答えたが、祐輔さんに対しては「申し訳ないという言葉しか思い当たりませんが、正直言って気持ちをどう伝えていいか分からない」と答えるにとどまった。    ◇ この日の公判で検察側は、弁護側が任意性を争っていた歌織被告の自白調書と上申書について、証拠調べ請求をすべて撤回した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース
Modern Romania: The End of Communism, the Failure of Democratic Reform, and the Theft of ...
スポンサーサイト
ブックマークに追加する
Secret

TrackBackURL
→http://petitreform.blog120.fc2.com/tb.php/263-492c4bff